このサイトでは、今話題のモバイルオーダーシステムについて掘り下げてご紹介をしていきます。
非接触タイプというものも登場しており、現在のように他者とソーシャルディスタンスをとらないといけない時代にはピッタリのシステムとなりました。
これから飲食店で導入なさる方も多いでしょうが、活用方法はどんなものがあるのかと疑問に思う方も多いものです。
ここでは一例を見ながら解説をするので、参考にしてくださると光栄です。

非接触で正確なオーダー受注を可能にする「モバイルオーダーシステム」の活用例について

非接触で正確なオーダー受注を可能にする「モバイルオーダーシステム」の活用例について 飲食店にとって、救いの手ともいえるのがモバイルオーダーシステムです。
来店客に安心感を与えられるシステムとなっており、極力接触を避けられるツールです。
モバイルオーダーシステムは基本、スマートフォンにアプリをインストールして使うので、来店客自身の判断にゆだねることが可能です。
活用例を見ると、飲食店を利用する時に混雑状況を事前に知ることができ、テイクアウトであれば事前オーダーも可能です。
モバイルオーダーシステムは時間効率を高めることと、少ない人材で業務を円滑に進めることもできます。
店と客の両方にメリットがあり、支払いすらも電子決済で完結できるので、経理面でもとても重宝できる技術であるといえるでしょう。

従来の据置型オーダーシステムとモバイルオーダーシステムの違い

従来の据置型オーダーシステムとモバイルオーダーシステムの違い 飲食店において店員さんがオーダーを取りにきてくれるか、店舗内に設置されているタブレットを使って食べたいものを注文するということが、一般的でした。
しかし、新型コロナの流行によりモバイルオーダーシステムという新たな常識が急速に仲間入りしました。
 モバイルオーダーシステムとは簡単にいうと、お客さん自身のスマホやタブレットからお店に注文できるというもので、中には決済まで可能というものもあります。
さまざまな会社が個性豊かにサービスを提供しているため、完全キャッシュレス対応であったり、お店で着席したらメニューの確認をしてもらえたり、注文とお会計を同時に済ませいざ店舗では商品をスムーズに受け取ることができたりと便利の幅が広がり続けています。
 従来の据置型オーダーシステムは、各店舗内に専用のタブレット等の端末があり、それを操作することによってお店側に注文を伝えます。
お店側は端末導入費用がかかりますし、お客さん側は不特定多数が触るお店の備品を操作するということになります。
モバイルオーダーシステムはお客さん自身の端末となるため、お店側は導入費用の心配はいりませんし、お客さんは自分のものを使うだけなので安心安全です。
これが従来の据置型との決定的な違いと言えます。
決済までできるシステムを使えば、注文からお支払いまで非接触で行うことができますし、テイクアウトでは事前にお客さんが注文(なかには決済まで)を済ませて店頭に来るため、店頭で注文をうけるよりも圧倒的に早く商品を提供できることも据置型との差が出るところといえます。

飲食店ではテーブルオーダーシステム導入が進む

以前は飲食店では、ファーストフードやセルフサービスの店以外ではフロアスタッフが各テーブルに料理の注文を取りにいくのが主流でした。
しかしコロナの影響もあり、感染症予防対策の一環としてテーブルオーダーを採用する店も増えています。導入が進む背景にあるのはコロナだけでなく、飲食業界が常に人手不足だから、という理由もあります。
コロナで営業自粛や時短営業となってやむなくスタッフやアルバイトを解雇したり休ませた店では、スタッフが戻ってこないという声も聴きます。
こうした中でテーブルオーダーのシステムを導入すれば、少ないフロアスタッフでも店を回すことができるというメリットがあります。
そもそも人を減らしたり、人と人との接触や会話を減らすことは感染防止対策にもつながるので、テーブルオーダーはそのためにも有効です。テーブルオーダーの導入がどんどん進んでいるのは、人件費削減などのメリットが大きく、時代の流れに合っているからでしょう。

飲食店の感染症対策の1つがテーブルオーダー

飲食店で注文するときは、以前は客が手を挙げだり机の上のボタンを押したりして、店員さんを呼んでオーダーするのが主流でした。
しかし最近ではタブレットなどを使い、店員さんを介さずにテーブルオーダーできる店が増加。回転寿司店やファミリーレストランの中には、各机に紙と鉛筆などが置いてあり、自分で食べたいものを書いてスタッフに手渡す所もあります。
卓上タブレットにカテゴリー別にメニューが写真付きで掲載されていて、メニューをタップして数を入れたりいつ持ってくるかを入力できることもあります。またテーブルに置かれたQRコードをスマートフォンで読み込んで使う、モバイルオーダーというやり方も登場しました。
これはQRコードを読み取って表示された料理をタップして注文するもので、他人が触ったタブレットなどに触れずに済むのもメリットです。
もちろん客が帰るたびにタブレットなどは消毒しているはずですが、それでも自分のスマホで注文できるとより安心でしょう。テーブルオーダーできると感染症対策になるだけでなく、間違いも減らせるしスタッフも削減できます。

テーブルオーダーは飲食店の人件費削減にも役立つ

飲食店でお客さんがテーブルに座ったまま、スタッフを呼ぶことなく自席で料理を注文できる「テーブルオーダー」が増えています。
卓上に注文専用のタブレット端末が置いてあり、カテゴリー別に写真とメニュー名が掲示されるので、そこから選んで個数などを入力して依頼します。テーブルオーダーを使うと、店のスタッフが自分の席にやってくるのは基本的に料理を運んでくる時と片付ける時だけです。
もちろん、端末のトラブルや不明点があるときなどは、呼べばスタッフが駆けつけてくれます。でも「コーヒーは食後に」「ワインは今すぐ」といった細かい注文もタブレット上でできることがあるので、ほとんど人手を介さずに注文できるケースも多いのです。
オーダーにスタッフを投入せずに済むと、飲食店はフロアスタッフを減らすことができて人件費削減につながります。一部のファミリーレストランや回転ずしなどでは、料理を運ぶ機械を採り入れているところもあり、技術の進歩で人件費はますます削減の方向に向かっていくかもしれません。

テーブルオーダー形式の飲食店でオーダーミスに気づいたら

新型コロナウイルス感染対策として、テーブルに端末機器を設置してお客さん自ら注文するテーブルオーダー形式の飲食店が増えてきました。
店員を介さないので感染を防ぐ効果が期待できますね。また、客席に座ってすぐに注文できる点で、「時間短縮で便利」「わずらわしさがない」という客側のメリットもあります。慣れた店でしたらパソコンやタッチパネルに不慣れな方でも比較的スピーディーに注文できるのではないでしょうか。
ただ、初めて入ったお店がテーブルオーダー形式だった場合、どうしたらよいか困る人もいそうです。メニューも料金システムもわからず、ランチタイムが何時までか…といったことでも迷うかもしれません。
そういう場合は、遠慮なく店員を呼んで教えてもらいましょう。だいたいは、端末機器に店員を呼ぶ「呼び出し」機能があります。うっかりオーダーミスをしてしまった場合も、早めに店員に来てもらうと良いと思います。きっと親切に対応してくれるはずです。

飲食店で導入されているテーブルオーダーは外国人にも好評

コロナの影響で自粛や縮小営業を余儀なくされるなど、さまざまな打撃を受けた飲食店。でも、感染症対策の一環としてテーブルオーダーのシステムを導入する店が増えたのはメリットでしょう。
テーブルオーダーのやり方にはいくつかの種類がありますが、主流は卓上のタブレットを使ったり、表示されているQRコードを読み込んで自分のスマートフォンで注文する手法です。
日本語が読めない外国人でも、タブレットやスマホなら写真でメニューが表示されるので注文しやすくなります。日本語だけでなく英語や中国語や韓国語などを選べるものもあるので、それらを使えばさらに便利です。外国の人でもメニューの詳細が分かるし、「コーヒーは食後に」といった細かい注文も思いのままです。
メニューが日本語表示だけでも、カテゴリーは日本語とともに英語表示の場合もあるし、すべて日本語のみだとして写真で選んで数字を入れるだけなら簡単です。
QRコードを読み込むタイプなら、使い慣れた自分のスマートフォンで操作できるので、より安心でしょう。

人手の少ない飲食店にとってテーブルオーダーは不可欠

近年多くの飲食店で導入されるようになったテーブルオーダーですが、利用者が自らスマートフォンやタブレットを使って注文することが可能になるので、わざわざ店員が注文を聞きに行く必要がありません。
テーブルオーダーを導入することによって、人手が少なくても効率的にお店を回すことができるようになるので、スタッフ人数の少ない店舗にとっては不可欠なシステムと言えます。さらに注文だけでなく会計に関しても、レジに連動させることによってセルフ払いが可能となるので、レジ対応も最小限に抑えられるメリットがあります。テーブルオーダーは人件費を削減できるだけでなく、ミスを削減したり対人接触を減少させるなど様々な利点があるので、そういった意味でも導入する価値は大きいです。ただ当然ながらメリットばかりではなく、例えばデジタル機器に慣れていない利用者への対応であったり、万が一システムが故障してしまった時の対応策も考えなければなりません。

テーブルオーダーで飲食店でのミスを減らす

飲食店でオーダーミスが発生した場合は大きな痛手となることから回避したいところですが、人間が介在している以上、一定確率でヒューマンエラーは発生してしまいます。
間違って作られた調理済みのメニューは廃棄せざるを得ず、売り上げにマイナスとなってしまうばかりか、食品ロスも発生するのはもったいない話です。そんな時はテーブルオーダーシステムを導入することで飛躍的にそれらのミスを減らすことが可能です。ありがちなのが聞き間違いで、顧客からの注文と異なるメニューをメモしてしまうケースですが、テーブルオーダーなら顧客がタブレット端末から注文したいメニューをタップするので、聞き間違いやメモの間違いが発生する可能性をゼロにすることが可能です。さらにテーブルオーダーシステムならウェイターやウェイトレスが来るのを待つ必要も無く、顧客が好きなタイミングで注文をすることができます。これらの相乗効果により、飲食店の現場の効率を高めることができます。

テーブルオーダーは飲食店の効率をアップさせられる

飲食店などに置かれているテーブルオーダー機器。ここ数年で多くのお店が導入しています。この機器を導入するメリットはどのような部分にあるのでしょうか。
未だに取り入れていないお店にとっては、このメリットを理解できない人も多いと思います。最も大きなメリットはお店の作業の効率化です。テーブルオーダー端末を導入することで、いちいち店員が注文を取りにいかなくてもいいので作業効率が上がります。注文を取りに行く時間を他の作業に充てられるので、他の部分で収益を発生させられます。テーブルオーダーを導入していないところは、無駄に人件費がかかってしまうことが多いです。働いている店員に渡せる給料も減ってしまうので、人材不足に悩んでしまうこともあるでしょう。少しでも人件費を減らしたいのならテーブルオーダーを導入するのがおすすめです。細かい設定はスタッフがしてくれるので、ネット機器に疎い人でも簡単に取り入れることができます。

外国語に対応可能なテーブルオーダーシステムを飲食店に導入するメリット

飲食店にテーブルオーダーシステムを導入することで店内スタッフの聞き間違えや入力漏れによるオーダーミスを減らせるといったメリットが生まれますが、これによってミスに伴うクレームを減少できることはもちろん外国語に対応可能なテーブルオーダーシステムであれば、海外から訪れるお客さんへの多言語対応も可能になります。
さらには注文を通すためにわざわざスタッフを呼ぶ必要がなくなるため、ユーザー側の待ち時間を減らすことにも繋がりますし、ユーザーの注文状況や支払い金額をリアルタイムでチェックすることができるので、予算に合わせた飲食もしやすくなります。また、テーブルオーダーシステムを活用すればホールスタッフの人件費や教育コストの削減にも繋がり、食べ放題・飲み放題メニューなどといった時間制限のあるメニューのお知らせや時間管理も可能になるため、結果的に人件費や教育コストが削減できて業務の効率化を図ることが可能になってきます。

テーブルオーダーの飲食をユーザーに合わせて作り出すには

テーブルオーダーの飲食をユーザーに合わせて作り出すためには、いくつかの方法がありまず、顧客の嗜好や制限事項について情報を収集することが重要です。これは注文時にスタッフが直接聞く方法や、事前にアンケートフォームを提供する方法がありこれによりアレルギーや食物制限、好みの味付けなどに対応できます。
依頼を受けたスタッフやシェフには、利用者に合わせたオーダーを作るためのトレーニングが必要です。これにより、顧客のリクエストに応えられるスキルが身につきより満足度の高いサービスを提供できるようになります。さらに食材やメニューの選択肢を充実させることも大切です。例えばアレルギーや食物制限を考慮したメニューの提供、ベジタリアンやビーガン向けのオプション、健康的なオプションなどを用意することができます。より幅広いユーザーに対応できるだけでなく、注文のバリエーションも増やすことができるのです。
最後にテーブルオーダーの精度を高めるために、オーダーを確認するシステムを導入することも検討することができます。例えば、タブレットやスマートフォンでの注文、自動化された注文処理システムなどを利用することができます。

人手の少ない飲食店にとってテーブルオーダーは不可欠

近年多くの飲食店で導入されるようになったテーブルオーダーですが、利用者が自らスマートフォンやタブレットを使って注文することが可能になるので、わざわざ店員が注文を聞きに行く必要がありません。テーブルオーダーを導入することによって、人手が少なくても効率的にお店を回すことができるようになるので、スタッフ人数の少ない店舗にとっては不可欠なシステムと言えます。さらに注文だけでなく会計に関しても、レジに連動させることによってセルフ払いが可能となるので、レジ対応も最小限に抑えられるメリットがあります。テーブルオーダーは人件費を削減できるだけでなく、ミスを削減したり対人接触を減少させるなど様々な利点があるので、そういった意味でも導入する価値は大きいです。ただ当然ながらメリットばかりではなく、例えばデジタル機器に慣れていない利用者への対応であったり、万が一システムが故障してしまった時の対応策も考えなければなりません。

テーブルオーダーで飲食店でのミスを減らす

飲食店でオーダーミスが発生した場合は大きな痛手となることから回避したいところですが、人間が介在している以上、一定確率でヒューマンエラーは発生してしまいます。間違って作られた調理済みのメニューは廃棄せざるを得ず、売り上げにマイナスとなってしまうばかりか、食品ロスも発生するのはもったいない話です。そんな時はテーブルオーダーシステムを導入することで飛躍的にそれらのミスを減らすことが可能です。ありがちなのが聞き間違いで、顧客からの注文と異なるメニューをメモしてしまうケースですが、テーブルオーダーなら顧客がタブレット端末から注文したいメニューをタップするので、聞き間違いやメモの間違いが発生する可能性をゼロにすることが可能です。さらにテーブルオーダーシステムならウェイターやウェイトレスが来るのを待つ必要も無く、顧客が好きなタイミングで注文をすることができます。これらの相乗効果により、飲食店の現場の効率を高めることができます。

テーブルオーダーは飲食店の効率をアップさせられる

飲食店などに置かれているテーブルオーダー機器。ここ数年で多くのお店が導入しています。この機器を導入するメリットはどのような部分にあるのでしょうか。未だに取り入れていないお店にとっては、このメリットを理解できない人も多いと思います。最も大きなメリットはお店の作業の効率化です。テーブルオーダー端末を導入することで、いちいち店員が注文を取りにいかなくてもいいので作業効率が上がります。注文を取りに行く時間を他の作業に充てられるので、他の部分で収益を発生させられます。テーブルオーダーを導入していないところは、無駄に人件費がかかってしまうことが多いです。働いている店員に渡せる給料も減ってしまうので、人材不足に悩んでしまうこともあるでしょう。少しでも人件費を減らしたいのならテーブルオーダーを導入するのがおすすめです。細かい設定はスタッフがしてくれるので、ネット機器に疎い人でも簡単に取り入れることができます。

外国語に対応可能なテーブルオーダーシステムを飲食店に導入するメリット

飲食店にテーブルオーダーシステムを導入することで店内スタッフの聞き間違えや入力漏れによるオーダーミスを減らせるといったメリットが生まれますが、これによってミスに伴うクレームを減少できることはもちろん外国語に対応可能なテーブルオーダーシステムであれば、海外から訪れるお客さんへの多言語対応も可能になります。さらには注文を通すためにわざわざスタッフを呼ぶ必要がなくなるため、ユーザー側の待ち時間を減らすことにも繋がりますし、ユーザーの注文状況や支払い金額をリアルタイムでチェックすることができるので、予算に合わせた飲食もしやすくなります。また、テーブルオーダーシステムを活用すればホールスタッフの人件費や教育コストの削減にも繋がり、食べ放題・飲み放題メニューなどといった時間制限のあるメニューのお知らせや時間管理も可能になるため、結果的に人件費や教育コストが削減できて業務の効率化を図ることが可能になってきます。

テーブルオーダーの飲食をユーザーに合わせて作り出すには

テーブルオーダーの飲食をユーザーに合わせて作り出すためには、いくつかの方法がありまず、顧客の嗜好や制限事項について情報を収集することが重要です。これは注文時にスタッフが直接聞く方法や、事前にアンケートフォームを提供する方法がありこれによりアレルギーや食物制限、好みの味付けなどに対応できます。 依頼を受けたスタッフやシェフには、利用者に合わせたオーダーを作るためのトレーニングが必要です。これにより、顧客のリクエストに応えられるスキルが身につきより満足度の高いサービスを提供できるようになります。 さらに食材やメニューの選択肢を充実させることも大切です。例えばアレルギーや食物制限を考慮したメニューの提供、ベジタリアンやビーガン向けのオプション、健康的なオプションなどを用意することができます。より幅広いユーザーに対応できるだけでなく、注文のバリエーションも増やすことができるのです。 最後にテーブルオーダーの精度を高めるために、オーダーを確認するシステムを導入することも検討することができます。例えば、タブレットやスマートフォンでの注文、自動化された注文処理システムなどを利用することができます。

おすすめのモバイルオーダ情報サイト

飲食店オーダーシステム